ポリフェノールの一種「アントシアニン」|アントシアニンサプリメントの商品紹介サイト

HOME   >   ポリフェノールの一種「アントシアニン」

ポリフェノールの一種「アントシアニン」

そもそもポリフェノールとは?

右手をあげる女性 ポリフェノールとは、植物の外皮に含まれている成分で機能性成分の代表格のような栄養素です。

ブルーベリーや紫いも、茄子や葡萄に代表されるような青紫色の色素に含まれていることが多いアントシアニンや、ココアやチョコレートに含まれるカカオマスポリフェノール、緑茶などのお茶類に含まれるカテキン、大豆製品に含まれるイソフラボンなどのフラボノイド類は、全てポリフェノールの一種となります。

ポリフェノールは、紫外線や外敵などから身を守るために、植物が自ら作り出した成分です。

アントシアニンの役割

その中でも、アントシアニンは太陽から降り注ぐ紫外線から身を守る役割を果たしており、果実の中に有害な光が入ってくることを防いでいます。ブルーベリーの他にも青紫色の色素を含んでいる食品に豊富なアントシアニンが含まれていることから、青紫の色素にのみ存在している成分と思われがちですが、実際には赤や紫などの幅広い色調を持っているため、スイカや赤ワインでもアントシアニンを摂取することができます。

また、アントシアニンは高い健康成分だけではなく、その美しい色合いが重宝されており、梅干しや赤シソなどの着色にも利用されており、天然の色素であることから、合成着色料よりも高い安全性が評価され、今後も食品の着色として大きな期待が寄せられています。

ブルーベリーならではの相乗作用

パソコンを利用する機会が多い方や、テレビゲームで遊ぶ時間やテレビを楽しむ時間が多い方、長時間の運転をする方、寝る前に読書をする方など、一点に集中をすることで、ショボショボしてしまうことはありませんか?クリアな状態を保つためには、アントシアニンが最も適しています。しかし、茄子や葡萄などアントシアニンを含む他の食物を使用した実験では、はっきりとした結果を確認することができませんでした。

そのため、ブルーベリーにバランス良く含まれる、多くの成分との相乗作用によって、はじめて劇的なチカラを発揮すると考えられています。


「ベータカロテン」が潤いを保つ

TOPページ