「ベータカロテン」が潤いを保つ|アントシアニンサプリメントの商品紹介サイト

HOME   >   「ベータカロテン」が潤いを保つ

「ベータカロテン」が潤いを保つ

体内に吸収されてビタミンAに

人体の常に外気に触れる表面を覆う材料としてビタミンAは必要不可欠な成分です。 ビタミンAには2種類あり、一つはレバーや鶏卵などに含まれるレチノールで、もう一つはブルーベリーをはじめとする果物や緑黄色野菜に含まれるベータカロテンです。

ベータカロテンは体内でビタミンAに変換され、ビタミンAと同様のはたらきを行います。 不足することによって、身体の表面を覆う材料が不足してしまい、サイクルが円滑に機能せず、古いままの表面が徐々に硬くなり、潤いが失われてしまいます。また、ビタミンAは体内の分泌にもはたらきかけるため、一定量の涙が保たれているはずの機能が低下し、乾燥しがちになってしまいます。

また、映画館やコンサート会場のような暗い場所でも、時間の経過とともに慣れてくるのは、
ビタミンAのはたらきが大きく影響しており、ビタミンAの不足で夜盲の状態になることもあります。

過剰にならない安心感

働く女性のイメージ 本来、ビタミンAはあまり過剰な摂取は避けるべきビタミンとされています。

ビタミンは大きく分類すると水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの2種類に分類され、水溶性ビタミンの場合は過剰に摂取しても、尿や汗から排出されるため、体内に蓄積される心配はありませんが、脂溶性ビタミンの場合は身体に吸収されやすく、さらに過剰に摂取した場合は体内に貯蔵・蓄積されるため、頻繁に過剰摂取の状態が続くことで、吐き気や急性中毒を引き起こすことがあります。

ビタミンAは脂溶性ビタミンに該当するため、サプリメントや健康ドリンクなどから多量に摂取し続ける場合は注意が必要となりますが、ブルーベリーなどに含まれるベータカロテンは、必要な分だけビタミンAに変換されるため、毎日摂取を続けても健康に影響を及ぼす心配はありません。


キレイの味方「ビタミンC」

TOPページ