女性に不足しがちな「鉄分」|アントシアニンサプリメントの商品紹介サイト

HOME   >   女性に不足しがちな「鉄分」

女性に不足しがちな「鉄分」

酸素を身体の中を巡らせる役割

サプリ群 人間の体内には、常に鉄が3~4グラムは存在していると言われています。 そのうちの約7割が「ヘム鉄」として血液中のヘモグロビンの材料として使用され、 全身に酸素を巡らせる役割を果たしています。

この役割がうまく機能しないことで、身体のすみずみまで酸素が行き渡らなくなり、酸欠状態に陥り、立ちくらみの症状が出たり、 青白い顔色となり気分が悪くなったりします。

残りの3割の鉄分は肝臓や脾臓にストックされており、血液中の鉄分が不足した場合に使用されます。 そのため、立ちくらみや顔面蒼白、強い疲労感や動悸など、鉄分不足を実際に感じる時には、 体内のストックがなくなり、かなり深刻な鉄分不足になってからと言えます。

ビタミンCと一緒に摂ることが理想

鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄の二種類があり、非ヘム鉄は体内でヘム鉄に変換されてから使われます。 ヘム鉄は、牛・豚・鶏などのレバーに最も多く含まれ、2~3切れで一日の必要量を満たすことができます。 肉の他にも、かつおやあさりなど、魚介類にも多く含まれているので、肉や魚が好きな人は鉄分不足には陥りにくい傾向にあります。

一方、非ヘム鉄は、野菜や果物など植物性の食品に多く含まれています。どちらも同じ鉄分ですが、 ヘム鉄に比べて、非ヘム鉄の場合は吸収率が約半分と、あまり良くありません。 しかし、ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率は格段に改善されます。 ブルーベリーは、ビタミンCと鉄分のどちらの栄養素も含んでいるため、鉄分の吸収には理想的です。

☆ミニ知識☆一度の月経で排出される鉄分は?

鉄分は女性が不足しがちな栄養素として知られていますが、大きな理由として月経が挙げられます。通常、一度の月経で失われる鉄分の量は、 約25~30mgと言われており、女性が一日に必要な鉄分量の約4~5倍にあたります。 さらに、ダイエットなどで肉や魚を制限することで、鉄分不足に拍車が掛かり、身体に大きな負担をかけてしまいます。 月経時には、意識的に鉄分をたっぷりと摂取するようにしましょう。


「葉酸」は妊婦さんの大切な栄養素

TOPページ