キレイの味方「ビタミンC」|アントシアニンサプリメントの商品紹介サイト

HOME   >   キレイの味方「ビタミンC」

キレイの味方「ビタミンC」

喫煙で消費されてしまうビタミン

タバコを1本吸うことで、体内のビタミンCがどれだけ消費されてしまうのでしょうか? タバコを吸うと、ニコチンをはじめとする有害な物質が体内に入ってきます。これらの物質を、身体の外へと追い出そうと、ビタミンCが使われるため、喫煙者と非喫煙者では体内のビタミンCの量が2倍以上も違うことが分かっています。

タバコを1本吸うだけで、消費されるビタミンCは25ミリグラムとも言われ、なんと一日の必要量の4分の1が、たった1本のたばこで消費されてしまうので、定期的に何本も吸う方は、体内のビタミンCが常に不足している状態になっています。 そのため、タバコを吸う方は特に、ビタミンCが含まれている食べ物を積極的に摂取する必要があります。

上手に摂取するためのコツ

元気にポーズをとる女性 美容を維持するためには欠かせないビタミンとして有名なビタミンCですが、非常に繊細なビタミンのため、幾つかの注意点があります。

1、 水に溶けやすい。
例えばキャベツの千切りなどは、水にさらしただけで、約15%のビタミンCが水に溶けて流れてしまいます。青臭さを取り除こうと水にさらした結果、ビタミンCまで取り除かれてしまうので、生野菜は表面のみを洗う習慣をつけましょう。

2、熱に弱い。
熱を通すことでビタミンCは減ってしまいますが、なかでも「茹でる」調理方法は、水にも溶け、熱でも壊れるため、ほとんどビタミンCが残らないこともあります。電子レンジやタジン鍋などを利用して、素材の水分を使った「蒸す」調理方法の方で、ビタミンCの損失を最小限に抑えることができます。

3、 蓄積されにくい。
ビタミンCは水溶性のビタミンのため、過剰に摂取した分は、体内に蓄積されずに汗や尿と一緒に、身体の外へ排出されてしまいます。一度に多くのビタミンCを摂取するのではなく、こまめにビタミンCを摂取することをお勧めします。

上記の3点を考えても、ブルーベリーは、表面のみを洗い、熱も通さず生で食べることができ、さらに手軽にいつでも食べやすいため、ビタミンCの補給には適した食材と言えるでしょう。


「ビタミンE」はエイジングケアに

TOPページ