「ビタミンE」はエイジングケアに|アントシアニンサプリメントの商品紹介サイト

HOME   >   「ビタミンE」はエイジングケアに

「ビタミンE」はエイジングケアに

酷使を続けた身体を労わるビタミン

女性のイメージ写真 エイジングケアへの理想的な役割を果たしてくれることで注目を浴びているビタミンEは、ブルーベリーにたっぷりと含まれています。

長年、身体を奮い立たせて頑張ってきた結果、年齢とともに多くの支障が現れてしまいます。その原因と言われている活性酸素は、呼吸をすることによって体内に入ってきた酸素が変化をしたもので、次々と身体を傷つけていきます。

若いうちは、修復力が高いため、大きな変化を感じることはなくても、どんどんと傷ついた箇所が増えるにつれて、修復が追い付かなくなり、身体のトラブルを抱えてしまいます。

ビタミンEは、その活性酸素と素早く結び付き、攻撃をさせない役割を果たしてくれます。そのため、ビタミンEが体内に充分、満ちている状態の場合、身体のトラブルを感じることなく、いつまでも若い時と同じような健康と美容を維持することができます。

若々しい印象を保つには継続が大切

ビタミンEのチカラを充分に発揮させるためには、やはり常に一定の量を摂取し続けることが大切です。脂溶性であるため蓄積はされますが、活性酸素は呼吸をするたびに増えてしまうので、思いついた時だけ摂取するのでは、なかなか役割を果たすまでには至らず、既存の活性酸素と結び付くだけで手一杯になってしまい、蓄積するまでの余裕がありません。

ビタミンEはブルーベリー以外にも、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類や植物油にも含まれていますが、ビタミンCと一緒に摂取することで、お互いの役割をサポートし合い、さらにパワーアップすることが分かっているため、ナッツと果物、野菜と植物油を使ったドレッシング、などビタミンEが含まれた食べ物とCが含まれた食べ物を一緒に摂ることをお勧めします。

ブルーベリーの場合は、CとEの両方のビタミンが含まれているので、食べ合わせを気にしなくても、充分に優れたはたらきをしてくれます。


バナナよりも多い「食物繊維」

TOPページ