ガーデニングで栽培するコツ|アントシアニンサプリメントの商品紹介サイト

HOME   >   ガーデニングで栽培するコツ

ガーデニングで栽培するコツ

彩りが美しい畑を目指す

自分の好きな野菜や果物を育てることの楽しみや、自分で育てるという安心感から、庭を利用しての家庭菜園を行う人が増えています。

畑ではなく、せっかく自宅の庭で行うのなら、見た目も綺麗に彩り豊かにしたいものです。
まずは、成長した姿をイメージすることが大切です。苗を植える時の見栄えを優先させるのではなく、成長していく段階を楽しむためには、収穫できる状態にまで成長した時の姿をイメージして植えていきます。少し間隔が空き過ぎていると感じるくらいがちょうど良いでしょう。

また、レンガや庭石などを使って囲いを作るだけで、見た目がオシャレになります。
さらに、プチトマトなどをブルーベリーの近くに植えておくと、収穫の時期も近く、色の異なる実を結び、庭の見た目が華やかになります。

注意点としては、害虫の被害です。収穫後、自分たちで食べることを考えると、なるべく無農薬で栽培したいものです。虫が発生しやすい時期などは、よく観察して、害虫をこまめに取り除くようにしましょう。

玄関先に置いて我が家のシンボルに

髪を触る女性 枝が繊細で、さまざまな樹形をしているブルーベリーは、庭や玄関先のシンボルツリーとしても適しています。庭のポイントとなる位置に植えたり、玄関までのアプローチに植えたり、コンテナを使用して玄関先に置いても、見栄えが良く、株元にハーブなどを合わせて植えても可愛らしい見た目になります。

樹高の高いブルーベリーは、自然に育てることで大きくなるため、見ごたえも充分ですが、収穫の際には、イスやテーブルなど作業台となる物が必要となるので、それを置くスペースも確保して植えるようにしましょう。

また、剪定を行う時は、枝切りばさみが必要となります。スペースがない場合や、隣家の庭にまで入るようでしたら、剪定を行った方が良いですが、自然な形を活かした樹形の方が美しく、もともとは自生した果物なので、必要以上に神経質にならなくても、環境に適応しながら育っていきます。


子供も大好きなブルーベリージャム

TOPページ